遺言書がある土地名義変更登記

土地名義変更登記の手続きは煩雑です、特に遺産相続の場合には、相続人が一人なのか、複数なのか、複数いる場合には誰の名義にするのかなど、遺産分割協議が必要になります。

土地名義変更登記の手続きに入る際には、プロの司法書士に任せたほうがいいのは、相続登記手続きをすべき期限が決まっていないので、どうしても後回しにしてしまうからです。

相続を開始してから時間が経てば経つほど、遺産分割協議の成立が困難になったり、登記に必要な書類の入手が難しくなったりして、さまざまな不都合が生じます。

遺言書がない場合は遺産分割協議、法定相続に入る必要があり、遺言書がある場合には遺言書で指定された法定相続人や、受遺者がその不動産を引き継ぎますから、遺産分割協議は不要になります。

土地名義変更登記が必要になる場合には、事前に遺言書を作っておくことも有効な方法なのです。

参考リンク⇒不動産名義変更手続センター