土地名義変更は面倒?

不動産の売買などをした後には、土地名義変更をしなければなりません。

あまり一般人が経験することではありませんから、手続が面倒だと思っている人も多いようです。

しかし、実際の手続ではそこまで面倒になることはほとんどありません。

たとえば、不動産会社を利用して土地・建物の売買をした場面を考えてみましょう。

この場合、売主から買主の元へと土地名義変更をしなければなりません。

しかし、多くの場合には不動産会社が司法書士に手続の依頼をしてくれます。

後は、契約の場に司法書士さんがやってきて、必要な書類にサインをするだけで完了です。

この後の具体的な手続きは、司法書士が代わりにすべてやってくれるのです。

もちろん、自分で全部手続を進めるという場合には、ある程度の手間と知識が必要となってきます。

専門家を利用するかどうかで面倒さは全く異なってくるわけです。