土地名義変更は確実に迅速に行う

相続が発生した際に行わなければならない手続きはいろいろあります。

戸籍の収集、財産の調査、遺産分割協議書の作成、自動車の名義変更、土地名義変更などの手続きは、不動産登記の専門家の司法書士に依頼するのが定石です。

特に土地名義変更は確実に迅速に行うことが肝心です。

相続というものは人が亡くなれば、必ず発生する問題で、届出や申告をしなくても、その時点から自動的に対応が求められます。

相続をしない場合は、相続しないという宣言も必要なのです。

相続しない場合には相続放棄を裁判所に申し立てる必要がありますし、3ヶ月の期限を過ぎると、相続人は強制的に価値のある財産も、価値がマイナスの財産も相続しなければいけなくなります。

多く複雑な各種手続が伴うのが相続ということなのです。

銀行口座も不動産も、登記や登録されている財産は名義変更をする必要があるのです。