土地名義変更は相続登記のひとつ

遺産分割の方法が決定したら、すみやかに財産の名義変更を行うのが一般的です。

不動産が相続財産に含まれている場合の土地名義変更は相続登記と呼んでいます。

不動産の登記は、第三者に対する対抗要件と言われ、期限が決まっていたり義務ではありませんが、そのまま放置していると、売却や担保設定ができないだけでなく、次の相続が発生したりすることで、権利関係がどんどん複雑になってしまいます。

土地名義変更はなるべく早く行ってしまうのが肝心です。

第三者に売却したい場合は、亡くなった方の名義のままでは売却ができません。

登記の手続きは、自分でできないことではありません。

しかし、遺言相続、遺産分割相続などの相続のやり方により準備する書類が異なり、素人が簡単に出来るものではありません。

確実に迅速に行うことを優先して、不動産登記の専門家の司法書士に依頼するのがオススメです。